トップページ > 2色成形
  
   

  Assy         

大成プラスが開発した異材質熱融着成形工法「インジェクション・アッセンブリー技術」は、異なる材質の樹脂を、金型の中で射出一体成形する工法で、多くの画期的な製品を生み出しております。ゴム弾性・成形加工性に優れた熱可塑性エラストマーと、PC・ABS等の硬質樹脂を金型内で一体成形することが可能です。柔らかい弾性をもったエラストマーと硬質樹脂を組み合わせることによって、各々が持っている特性を一つの製品の中で機能させることができます。また、熱融着による一体成形のため接合力が高いのも特徴です。

 

2syoku6  

 

2syoku2

「インジェクション・アッセンブリー技術」は複層成形のため、美しい外観を作り上げることが可能です。

金型内での一体成形のため、自由な形状を作り出すことができ、デザイン性も向上します。

また、ケースやハウジングなどの外皮にエラストマーを融着させることで、手触り感・ソフトタッチ感・滑り止め・内部機材の保護プロテクター等の機能を付与する事が出来ます。

更には、スイッチボタン・グロメット・パッキン・グリップなどの構成部品を金型内で一体成形させることで、部品点数の削減、及び工程の削減が実現しコストメリットを生みだします。

  2syoku5_9